裾野の女性2人 架空請求詐欺被害

 裾野市の20代の女性会社員と同市の30代の女性保育士が17日までに、架空請求で計約47万円をだまし取られたと裾野署に届けた。

 同署によると、女性会社員は3日、「相談を受けて報酬がもらえる」とうたうサイトに登録し、サイト運営者から「報酬を振り込みたいが(文字化けなどの)不具合を修正するのにお金がかかる」などと連絡を受け、9日までに計3回、市内の現金自動預払機から計7万2千円を振り込んだ。保育士の女性は10日、「コンテンツ利用料の未納がある」などとのメールを携帯電話で受け、市内のコンビニ店で40万円分の電子マネーを購入させられた。

静岡新聞 5/18(金) 7:19配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード