300万円詐欺被害 浜松の女性

 浜松市東区の飲食店経営の女性(77)が12日までに、息子を名乗る男らに現金300万円をだまし取られたと浜松東署に届けた。女性は息子を心配し、要求された金額より50万円多く現金を渡してしまったという。

 同署によると、女性は11日午前11時半ごろ、息子をかたる男から「小切手が入ったかばんを電車内で落とした」と電話を受けた。その後、落とし物係の駅員を装う男から「かばんは見つかった」と連絡を受けたが、息子をかたる男はさらに「小切手は既に銀行で出金できない。小切手の500万円をすぐに振り込まなければならない」として、半分の250万円を用意するよう電話で女性に迫った。

 話を信じ込んだ女性は要求額に自ら50万円を上乗せし、自宅に現れた受け取り役の男に現金計300万円を手渡したという。

静岡新聞 5/13(日) 7:33配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード