80代女性が振り込め詐欺で1億4000万円被害 熊本県の災害復興の名目で電話かかる 三重

「熊本県の災害復興」その名目で自宅にかかってきた電話を受けた三重県津市の80代の女性が振り込め詐欺の被害にあいました。被害額はおよそ1億4000万円です。

 警察によりますと、今年3月、津市の80代の女性の自宅に「熊本県の災害復興」に関する電話があり、「個人番号」という数字を伝えられました。

 しかし、別の電話の男に「個人番号」を伝えたことについて、弁護士を名乗る男から電話があり「あなたは訴えられている。キャッシュカードと現金が必要」などと脅されました。

 このため女性は自宅を訪れた秘書を名乗る男にキャッシュカード3枚を手渡したうえ、その口座に14回にわたりあわせて1億3870万円を振り込みました。

 今月18日に女性が友人とともに署に相談に訪れたことで事件が発覚し、すでにほとんどが出金されていたということです。

 秘書を名乗ってキャッシュカードを受け取りに来たのは若い男だったということで、警察は詐欺事件として捜査しています。

東海テレビ 5/25(金) 18:48配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード