「健康保険料を還付できる…」区役所職員装い高齢女性からカードだまし取る 大阪府警が詐欺容疑で逮捕

 健康保険料の還付金があると偽って高齢者からキャッシュカードをだまし取ったとして、大阪府警捜査2課は6日、詐欺容疑で、いずれも職業不詳の東京都新宿区左門町、五十嵐悠也(30)と東京都北区田端新町、小板倫之(30)の両容疑者を逮捕した。

 逮捕容疑は共謀し同日午後0時20分ごろ、横浜市の70代女性に区役所職員を装って電話をかけ、「健康保険料の還付を受けることができるが、自宅を訪れる銀行員にキャッシュカードを渡す必要がある」と嘘を言い、女性からカード1枚をだまし取ったとしている。府警は2人の認否を明らかにしていない。

 府警は同日、詐欺グループが拠点としていたとみられる五十嵐容疑者宅を捜索し、約1万5千人分の名簿などを押収。2人は虚偽の電話をする「かけ子」とみられる。

産経新聞 6/7(木) 10:16配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード