架空請求はがき届き、200万円詐欺被害 熱海の男性

 熱海市の無職男性(91)が28日、架空請求で現金200万円をだまし取られたと熱海署に届けた。

 同署によると22日、男性方に「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と書かれたはがきが届いた。男性がはがきに記載のあった電話番号に連絡すると、担当の弁護士や訴訟の相手方の社員を名乗る男らから「民事訴訟にかける。200万円を支払えば、ただちに訴訟を取り下げる」などと言われた。

 男性は25日、現金を男が指定した住所に宅配便で送ったという。

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 6/29(金) 7:43配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード