顧客の預金勝手に引き出し=容疑で七十七銀元行員逮捕―宮城県警

 顧客の預金口座から90万円を不正に引き出したとして、宮城県警白石署は27日、詐欺容疑で、元七十七銀行行員鈴木翔容疑者(26)=同県白石市田町、同日付で懲戒解雇=を逮捕した。

 容疑を認めているという。

 逮捕容疑は15日、勤務する白石支店で、口座を一本化すると偽って顧客から預かった通帳と払戻請求書を使い、正規の払い戻しを装って同僚行員に出金を依頼、計90万円をだまし取った疑い。

 同署によると、口座の残額が減っていることに気づいた顧客から18日に問い合わせがあり発覚。同行が被害届を出した。

 同行によると、同容疑者は他にも、2017年ごろから総額約697万円を不正に引き出した疑いがあるといい、同署が調べている。 

時事通信社 6/27(水) 20:38配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード