83歳女性、架空請求で4800万円だまし取られる 奈良・生駒

 奈良県警は7日、同県生駒市の無職女性(83)が架空請求詐欺の被害に遭い、約4800万円をだまし取られたと発表した。

 県警によると、3月末ごろ、県安全指導組合という架空の団体職員をかたる男から「証券会社や商品購入の会社に会員登録されている」などと女性宅に電話があった。さらに別の男から「あなたの会員番号で商品を購入した人が刑務所にいる。保釈金を納めれば罪には問われない」などといわれ、女性は4月12日と5月24日の2回、コンビニエンスストアから宅配便で計4808万円を大分県の民家に送付したという。

 島根県警が5月31日、受け子の男=当時(29)=を詐欺容疑で逮捕したことで事件が発覚した。

産経新聞 6/8(金) 8:24配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード