600万円詐欺被害 浜松の男性

 浜松市中区の男性警備員(67)が9日、現金600万円とギフトカード1万円分をだまし取られたと浜松中央署に届けた。

 同署によると、男性宅に「消費料金に関する訴訟」などと書かれたはがきが届き、男性は19日、はがきに記載された電話番号に連絡した。電話でやりとりした民事訴訟通達センター職員や弁護士などを名乗る男は「裁判になりますが弁護士はどうしますか」と伝え、「裁判をやめるためには10万円支払う必要があり、9万円立て替えるのでコンビニでポイントギフトカードを買って番号を教えて」などと指示した。さらに「200万円を払えば訴訟は取り下げる」「200万円では足りない」などと男性に迫った。

 男性は指定された都内の住所に3回にわたって計600万円を宅配便で送った。

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 7/10(火) 7:37配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード