外車転落、保険金詐取 指定暴力団幹部ら詐欺容疑で逮捕 静岡

高級外車を故意に海に転落させて保険金をだまし取ったとして、静岡中央署と県警捜査4課などは1日、詐欺の疑いで指定暴力団山口組清水一家幹部、無職の男(49)=静岡市駿河区見瀬=ら4人を逮捕した。

 ほかに逮捕されたのは、土木作業員(48)=広島県府中市高木町=、中古車販売業(48)=静岡市駿河区西島=、会社員(56)=同区中田=の各容疑者。

 4人の逮捕容疑は2012年9月下旬、静岡市清水区の清水港で故意に乗用車を岸壁から転落させる交通事故を起こし、同10月中旬に東京都の損害保険会社から車両保険金約500万円の支払いを受け、同社に車のローン返済代金約380万円を支払わせた疑い。

 同署によると、容疑者の1人が乗用車を運転し、故意に海に落とした直後に車から脱出した。「不慮の事故」として警察に届け、交通事故証明書を取得。損害保険会社に提出して保険金の支払いを請求したという。

静岡新聞 8/2(木) 8:00配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード