警官かたりキャッシュカード盗む 伊勢署、容疑の男逮捕 三重

【伊勢】警察官を名乗って「口座から現金が引き出された」とうそを言い、キャッシュカードを盗んだとして、三重県警伊勢署は4日、窃盗の疑いで、自称名古屋市中村区、職業不詳村瀬光容疑者(21)を逮捕した。

 逮捕容疑は3日午後1時ごろ、伊勢市上野町の無職女性(81)宅を訪れ、警察官を語ってキャッシュカード3枚を盗んだ疑い。「金融庁の職員として行った」などと話し、容疑を否認している。

 同署によると、女性は前日に伊勢署員を名乗る男から「静岡で捕まった犯人が、あなたの口座から現金を引き出していた。麻生副総理が国で支払うと言っている」との電話を受け、男に暗証番号を伝えた。

 キャッシュカードを渡した女性が不審に思って近隣住民に相談したことをきっかけに同署に通報があった。署員が約3時間後、近鉄伊勢市駅で女性の通報内容と特徴の似た村瀬容疑者を見つけて任意同行した。

 村瀬容疑者は当時、女性の口座から引き出したとみられる約100万円の現金を持っていたという。同署は警察官を名乗る詐欺事件とみて、ほかに関わった人物がいる可能性もあるとみて調べる方針。

伊勢新聞 8/5(日) 11:00配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード