「アマゾン」など騙り架空請求 都内で2億円超被害

 ネット通販会社「アマゾン」などを騙(かた)る架空請求のメッセージが携帯電話に届き、金をだまし取られる被害が相次いでいます。メッセージに記載された番号に電話を掛けたところ、応答した男は実在しない部署を名乗りました。

 アマゾンサポートセンターを名乗る男性:「(Q.会員登録の未納料金の件でお電話しました)こちらはアマゾンサポートセンターですね」「(Q.詐欺ではない?)違いますね。詐欺、行ってないじゃないですか。一銭も、もらってないんですけど。一銭も、もらってないって言ってるだろ」
 警視庁によりますと、東京都内ではアマゾンや楽天などを騙って「登録料金の未納が発生している」「連絡なき場合、法的手続きに移行する」というメッセージなどが送り付けられる手口の詐欺が相次いでいます。やり取りを続けると近くのコンビニ店に誘導され、電子マネーで架空の登録料金を支払わされるケースが多いということです。
 メッセージが届いた女性:「全く覚えのないメールだったら即、削除すると思うんですけど、アマゾンだと一通り見ちゃう。私、何かやったっけみたいな感じで動揺します」
 こうした架空請求を巡っては、都内では去年1月から先月末までに521件、2億2000万円以上の被害が確認されていて、警視庁が注意を呼び掛けています。

テレ朝news 9/10(月) 11:53配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード