6450万円だまし取る 投資金名目で会社役員の男

投資金名目で6450万円をだまし取ったとして、兵庫県警生活経済課と垂水署などは19日、詐欺の疑いで、姫路市の投資会社役員の男(54)=詐欺罪で起訴=を再逮捕した。

再逮捕容疑は昨年8~11月、千葉県の男性(44)に「開発した株投資の手法を使い、1口150万円で1年預かり、40%の配当を年に2回渡す」などと持ち掛け、45回にわたって現金計6450万円を自分の口座に入金させてだまし取った疑い。調べに対し「返すつもりだった」と否認しているという。

 県警によると、男はほとんど株を購入せず、ギャンブルや高級外車の費用などに充てていた。男性には配当金として約19万円を払っていたという。2015年以降、58人と1社から約2億7千万円を集めたとみられ、今年8月に別の詐欺事件で逮捕されていた。

神戸新聞NEXT 9/19(水) 18:58配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード