地面師事件で10人目の逮捕者 55億円詐欺の連絡役

積水ハウスが、地面師グループからおよそ55億円をだまし取られた事件で、新たに連絡役の男が、警視庁に逮捕された。

逮捕された会社役員の岡本吉弘容疑者(42)は、地面師グループの仲間とともに、積水ハウスとの土地取引の際、地主になりすまして、土地を不正に登記しようとした疑いが持たれている。

岡本容疑者は、この事件の10人目の逮捕者で、フィリピンに逃亡している、主犯格のカミンスカス操容疑者(58)と、地主になりすました羽毛田正美容疑者(63)をつなぐ連絡役だったとみられている。

調べに対して、岡本容疑者は「地主が偽者だと思わなかった」と容疑を否認している。

FNN 10/28(日) 12:02配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード