市役所職員などかたり電話「健康保険の還付金ある」 67歳女性、現金100万円振り込む被害/富士見

埼玉県の東入間署は5日、富士見市のパート女性(67)が還付金詐欺で現金約100万円をだまし取られたと発表した。

同署によると、4日午前11時ごろ、女性方に富士見市役所職員や金融機関職員を名乗った男から「健康保険の還付金がある。受け取り期限が今日までです」「キャッシュカードを持って近くのコンビニに行って下さい」などと電話があった。信じた女性は同日午前11時55分ごろ、三芳町のコンビニで、金融機関職員を名乗った男の指示通りに現金自動預払機(ATM)を操作し、指定口座に現金約100万円を振り込んだ。

 その後、女性から相談された同居の家族が詐欺と気付き、同日午後11時45分ごろ、110番した。

埼玉新聞 10/7(日) 0:11配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード