特殊詐欺「かけ子」3人逮捕 高齢女性から1100万円詐取、警視庁

息子を装って電話をかけ、東京都内の高齢女性から現金1100万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は詐欺と詐欺未遂の疑いで、住所不定、職業不詳、妙中俊允(たえなか・としまさ)容疑者(29)ら男3人を逮捕した。妙中容疑者は容疑を否認し、2人は黙秘している。

 3人の逮捕容疑は、9月上旬から中旬にかけて、東京都三鷹市に住む無職女性(70)方に40代の長男を装って「1800万円分の金券が入ったかばんをなくした」などと電話をかけ、現金計1100万円をだまし取ったなどとしている。

 捜査2課によると、3人は特殊詐欺で詐欺電話をかける「かけ子」のグループとみられる。女性に銀行窓口で「母親のがん治療のために定期預金を解約したい」と説明するように電話で指示し、都内の2つの銀行から現金1100万円を引き出させていた。別の銀行からさらに300万円を引き出させようとしたが、銀行の職員が不審に思い、出金に応じなかった。引き出した現金は女性の自宅近くのコンビニエンスストアで男女が受け取ったという。

 同課は9月中旬、3人が拠点にしていた東京都武蔵野市のビルの一室を家宅捜索し、特殊詐欺に使用する携帯電話、高齢者の氏名や電話番号が記された名簿などを押収した。

産経新聞 10/4(木) 12:14配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード