還付金詐欺 東京・中野区の75歳男性が3千万円被害

東京都中野区の会社役員の男性(75)が還付金名目の特殊詐欺の被害に遭い、約3千万円をだまし取られていたことが3日、警視庁中野署への取材で分かった。

 同署によると、9月21日から25日にかけて、区役所職員を装った男らが男性宅に電話。「保険料の還付金がある。急いで手続きを」などと嘘をついて男性に現金自動預払機(ATM)などを操作させ、男性の口座から複数の口座に計約3千万円を振り込ませた。その後、男性が不審に思い、同署に届け出た。

産経新聞 10/3(水) 19:00配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード